ジョブミュージアム

ジョブミュージアム
 
 
美術アートの目利き!

美術商は、美術品を仕入れ、展示会やギャラリー、画廊などで展示販売するのが仕事だ!

アートディーラーと呼ばれたり、絵画専門の場合は画商と呼ばれることもある。

オークションに出向いたり、同業者やコレクター、美術家を訪ねたりして価値のある美術品を集めるほか、新しい美術作品を発信する場として展示会を企画するなど、アーティストを育てる役割も担っているんだ!

給与・報酬

322,717円/月

初任給: 230,000円

賃金構造基本統計調査適用区分:①百貨店店員(男)、②販売店員(百貨店店員を除く。)(男) ≪①百貨店店員(男)≫ 初任給:23.57万円(企業規模1000人以上、20~24歳) 平均:27.50万円(百貨店店員の年収から推計) ≪②販売店員(百貨店店員を除く。)(男)≫ 初任給:23.0万円(企業規模10人以上、20~24歳) 平均月給:27.97万円(販売店員の年収から推計) ※2019年度参照
記事をシェアする

美術商の仕事

オークションに出向いたり、同業者やコレクター、アーティストを訪ね、美術品の価値を判断して買いつけを行い、買いつけた美術品は、展示会やデパートのギャラリー、画廊などで顧客に販売する。

展示スペースを持つ美術商や百貨店の美術部で働く美術商は、作品を販売するとともに、新作の展示会なども企画・開催し、新しい美術作品を発信する場としてアーティストを育てる役割も担っているんだ。

常に自身の専門分野に関する情報を収集しながら知識を深め、美術品の価値判断や、古美術品の鑑定など、作品を見きわめる目を養っていくぞ。

活躍する場所

百貨店、商社、画廊、ギャラリー、美術館などで活躍するぞ!

美術商の仕事道具

鑑定道具

手袋、ルーペ、ライトなど、作品を細かくチェックして鑑定するぞ。

電卓

美術品の価値の鑑定や、商談の際に使うぞ。

パソコン、専門誌

価値ある美術品を見つけ出すため、さまざまな方法で情報収集するぞ。

美術商になるには

美術商になるには、資格などは特に必要ないが、できるだけたくさんの美術作品にふれ、価値を見きわめることのできる目を養わなければならない。

美術系の大学や専門学校で学んだり、実際に美術商のもとで修業したりするのもいいだろう。

世の中には、本物と贋作(本物に似せたニセ作)、オリジナルとコピーなど、見分けるのが難しい作品も数多く出回っているため、作者や年代、作品背景などを正しく鑑定できる知識と経験をしっかりと積み重ねていこう。

こんな人が向いています

  • 好奇心旺盛で明るく活動的な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 世話好きでチームに貢献する人
  • 誠実な人柄で調和を大切にする人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人

適性をチェックしてみよう!

社会人基礎力診断の結果【プレゼンテーション力・相場観・記憶力・マーケティング力・判断力・想像力・仮説設定力・分析力・情況把握力・主体性・接客力・傾聴力・表現力・審美眼・人脈構築力】の能力が高い人は美術商の適性があります。自分の能力を手軽にチェックできる適職診断オンラインで美術商の適性をチェックしてみましょう。

適職診断オンライン 職の神

歴・学位

博士号: なし

修士: なし

専門学位: なし

学士: なし

定資格

古物商許可

古物鑑札証

学芸員資格

美術商のキャリアパス

ギャラリスト

自分でギャラリーを持ち、アーティストを発掘して専属契約を結ぶなど、新しい作品を広めていく大切な存在だ。

イベントプランナー

新しい作品を広めるには、イベントを企画していくのも一つの方法だ。

絵画・美術品等の鑑定士

絵画や美術品、骨董品が本物であるかを見きわめ、鑑定書を作成するぞ。

ナイトフロントスタッフ

ART MON ZEN KYOTO 京都市 大和大路

京都の美術が手掛ける「本物の特別な空間」をもった ART MON ZEN KYOTO はスモールラグジュアリーホテル(全15室)として 2017年11月にオープンいたしました...

ページの上部へ戻る