ジョブミュージアム

ジョブミュージアム
 
 
音楽作品の総監督!

音楽プロデューサーは、CDなどのメディア音源の制作や、ライブ・映画などの音楽制作を指揮する責任者だ!

楽曲の製作からライブの企画、ミュージシャンの発掘・育成、プロモーション、予算管理など、音楽ビジネスのあらゆる工程に関わるぞ!

実力のある音楽プロデューサーは、複数の人気アーティストを同時にプロデュースすることもあるんだ!

給与・報酬

565,833円/月

初任給: 220,000円

賃金構造基本統計調査適用区分:デザイナー(男) 初任給:22.1万円(企業規模1,000人以上、20~24歳) 平均月給:40.34万円(企業規模1,000人以上、年齢計) 平均年収:679.19万円(賞与:110.51万円)
記事をシェアする

音楽プロデューサーの仕事

アーティストや制作会社と相談しながら企画やコンセプトをかため、資金を集める。

企画に合わせて作詞家や作曲家、編曲家などのクリエイターを選んで依頼をするか、もしくは自ら作詞作曲を行う。

楽曲ができたら、スタジオやエンジニア、スタジオミュージシャンを集めて収録を行う。

メディア制作の場では指揮をとり、アレンジなどを行いながら作品を完成させていく。

ほかにも、音楽ジャケット、プロモーション素材の製作指揮や、アーティストの発掘・育成、メディア出演対応など、音楽ビジネスの企画からプロモーションまで手がける、音楽作品の総監督が音楽プロデューサーの仕事なんだ。

活躍する場所

レコード会社、音楽プロダクション、レコーディングスタジオ、ライブ会場など、音楽業界のあらゆる現場で指揮をとり、手腕を発揮するぞ!

音楽プロデューサーの仕事道具

ノート、筆記用具

思いついた企画やアイデアを記録したり、打ち合わせ内容をメモしたりするのに使うぞ。

音楽制作機材

楽曲の制作や収録などに必須だ。

手帳、スケジュール管理ツール

企画から販売、宣伝まで、長期にわたり多数のスタッフと仕事を進めるため、スケジュール管理は欠かせないぞ。

音楽プロデューサーになるには

音楽制作全般の指揮をとる仕事であるため、レコード会社や芸能プロダクションなど、音楽業界に就職してさまざまな経験を積んでからキャリアアップをめざすといいだろう。

音楽のセンスと実力に自信があるならば、自らミュージシャン、作詞家、作曲家などのクリエイターとして活動し、知名度が上がったところでプロデューサーに転身する方法もあるぞ!

こんな人が向いています

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 社交的で感性豊かな人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

適性をチェックしてみよう!

社会人基礎力診断の結果【プレゼンテーション力・マーケティング力・ディレクション力・業務管理能力・創造力・表現力・審美眼】の能力が高い人は音楽プロデューサーの適性があります。自分の能力を手軽にチェックできる適職診断オンラインで音楽プロデューサーの適性をチェックしてみましょう。

適職診断オンライン 職の神

歴・学位

博士号: なし

修士: なし

専門学位: なし

学士: なし

定資格

この職業の関連資格はありません。ご意見や情報がありましたらコメント欄にお寄せください。

音楽プロデューサーのキャリアパス

WEBプロデューサー

音楽のネット配信など、WEBを主体としてプロデュースする形態もあるぞ。

音楽講師

音楽を指導しながら有望な新人を発掘し、プロデュースすることができるぞ。

イベントプランナー

音楽をベースにしたさまざまなイベントを仕掛けることも可能だ。

音楽制作 プロダクションアシスタント

音楽制作 プロダクションアシスタント Syn株式会社 港区 外苑前駅

社は音楽レコーディンスタジオを所有し、国内外で 、音楽・映画... 運営全般 応募資格・条件 ・音楽プロデューサーを目指している方 ・音楽に情熱を持っている方 ・音楽機材を熟知している方...

ページの上部へ戻る