ジョブミュージアム

ジョブミュージアム
 
 
WEB制作チームのリーダー!

WEBディレクターは、WEBコンテンツの制作・運用現場の総監督だ! デザイナーやプログラマーなど、さまざまな専門クリエイターが集まるチームのまとめ役として、担当者に指示を出したり、制作工程の進行やコンテンツの品質管理を行ったりするぞ。

プロジェクト全体を統括するWEBプロデューサーや、企画提案を行うWEBプランナーを兼ねることもあるんだ。

給与・報酬

565,833円/月

初任給: 220,000円

賃金構造基本統計調査適用区分:デザイナー(男) 初任給:22.1万円(企業規模計、20~24歳) 平均月給:40.34万円(1,000人以上、年齢計) 平均年収:679.19万円(賞与:110.51万円)
記事をシェアする

WEBディレクターの仕事

WEBコンテンツの制作手順や方法を把握し、各担当者に指示を出したり、問題解決の相談にのったりしながら、制作現場の指揮をとるぞ。

コンテンツを構成する画像や動画、テキスト、広告などが、わかりやすく親しみやすい仕様になっているか、また、マーケティングを意識したSEO※対策が十分かどうかを確認するのも大事な仕事だ。

さまざまな専門クリエイターが作業を分担して制作にあたることが多いため、適切なスケジュール管理でチームをまとめる力が求められるんだ。

※SEO:検索エンジンの検索結果で、特定のWEBサイトが上位に表示されるように内容を調整すること

活躍する場所

WEB制作会社 やEC※企業、IT系企業、一般企業のIT部門など、WEBサイトを持つあらゆる企業組織で活躍するぞ!

※EC:商品やサービスを自社のWEBサイトで販売する「電子商取引」のこと。

WEBディレクターの仕事道具

パソコン

WEB制作には、インターネットに接続できるパソコンが必須だ!

プロジェクト管理ツール

複数のスタッフと作業を進めることが多いため、管理ツールが役に立つぞ。

アクセス解析ツール

WEBサイト訪問者の環境や特性などを調べて、SEO対策などに役立てるぞ。

WEBディレクターになるには

特に資格は必要ないため、制作現場のアシスタントとして経験を積んだり、WEBデザイナーやWEBプログラマーからディレクターを目指したりするといいだろう。

WEB制作に関わるさまざまな知識を身につけることはもちろんだが、複数のスタッフを指揮してまとめなければならないため、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力も必要だ。

「ITパスポート試験」などの国家試験や、「Web検定」などの民間試験を受験してみると、関連知識を効率よく学ぶことができるだろう。

こんな人が向いています

  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 頭の回転が速く分析力のある人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 強い意志で理想を実現する人
  • 社交的で感性豊かな人

適性をチェックしてみよう!

社会人基礎力診断の結果【リーダーシップ力・情況把握力・ディレクション力・マーケティング力・コミュニケーション力】の能力が高い人はWEBディレクターの適性があります。自分の能力を手軽にチェックできる適職診断オンラインでWEBディレクターの適性をチェックしてみましょう。

適職診断オンライン 職の神

歴・学位

博士号: なし

修士: なし

専門学位: なし

学士: なし

定資格

色彩検定

基本情報技術者試験

応用情報技術者

ウェブデザイン技能検定

ウェブ解析士

WEBライティング技能検定

Webクリエイター能力認定試験

ITパスポート

CGクリエイター検定

WEBディレクターのキャリアパス

WEBプロデューサー

制作部門だけではなく、企画や営業なども含めたプロジェクト全体に関わることができるぞ!

WEBマーケター

効果的なマーケティングを行うために、SEO対策に関する知識が役に立つぞ!

WEBアナリスト

サイトのアクセス解析を行って、問題解決や改善策の提案を行う仕事だ!

デジタルマーケティング職

トランスコスモス株式会社 渋谷区

コピーライティング、広告効果検証・分析、制作ディレクションを手がける 「クリエイティブディレクター」が活躍。 募集情報 応募条件 短大・専門卒以上 第二新卒・既卒歓迎(未経験OK...

ページの上部へ戻る