ジョブミュージアム

ジョブミュージアム
 
 

ファイナンシャルプランナー

お金に関するプロフェッショナル!

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人や中小企業に対して、資産や資金計画に関するアドバイスを行うお仕事! 家計の見直しや保険・教育資金など、ライフステージにあわせた相談に乗り、ライフプランニング(生涯生活設計)を行う。 その他にも、株式や投資信託、不動産など、お金に関する様々なアドバイスをするぞ。 企業内で活躍するファイナンシャルプランナーが多いが、経験を積んで独立することもできるぞ!

給与・報酬

650,833円/月

初任給: 240,000円

賃金構造基本統計調査適用区分:保険外交員(男) 初任給:24.37万円(企業規模計、20~24歳) 平均:58.13万円(1,000人以上、年齢計) 平均年収:781.55万円(賞与:83.99万円)
記事をシェアする

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーとして、常に金融市場動向や法改正などの政治動向のチェックと情報収集を行うことが必要だ。 依頼者が何に困っているかを確認し、相談内容に応じて提案資料や対面で、アドバイスを行うぞ。 ファイナンシャルプランナーだけで解決しない場合は、その分野の専門家の紹介も行う。 個別での相談だけでなく、ジャンルにあわせたセミナーの開催を行うこともあるぞ。

活躍する場所

ファイナンシャルプランナーが活躍するのは、主に銀行や証券会社、保険会社などの企業だ。 「税金」や「相続」など、特定のジャンルに強みを持って独立することもあるぞ!

ファイナンシャルプランナーの仕事道具

パソコン

情報収集をしたり、お客様とメールでやり取りしたりするぞ。 その他にも、お客様の管理や契約書の作成でも使うぞ! また、お客様にパンフレットを見せながら説明することもあるぞ。

手帳やスケジュール管理ソフト

ファイナンシャルプランナーは、様々なお客様のセンシティブな相談に乗る。 どのお客様が、いつ何の相談をしたのか、間違いなくしっかり管理する必要があるぞ。

電卓

お金に関する相談が多いため、電卓は必須ツールだ!

ファイナンシャルプランナーになるには

ファイナンシャルプランナーになるために、必須の資格はない。 ただし、お客様に提案する商品によっては、資格が必要になる場合があるので、どのように仕事をするかに応じて資格を取得しよう! お金や法律に関する知識があることが前提のため、「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能士)」や「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)」などの資格を持っていると、能力を証明できるぞ!

こんな人が向いています

  • コミュニケーションが得意な人
  • 自らやるべきことを理解し計画的に取り組む人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人
  • 相手を思いやり献身的に尽くす人
  • 頭の回転が速く分析力のある人

適性をチェックしてみよう!

社会人基礎力診断の結果【コンサルティング力・傾聴力・計画力・仮説設定力・コミュニケーション力】の能力が高い人はファイナンシャルプランナーの適性があります。自分の能力を手軽にチェックできる適職診断オンラインでファイナンシャルプランナーの適性をチェックしてみましょう。

適職診断オンライン 職の神

歴・学位

博士号: なし

修士: なし

専門学位: なし

学士: なし

定資格

ファイナンシャルプランナー

税理士

社会保険労務士

中小企業診断士

日商簿記検定

ファイナンシャルプランナーのキャリアパス

社会保険労務士

従業員の給与計算や社会保険などの手続きをする仕事は、お金に関する知識があることで転職しやすいと言える!

行政書士

依頼に応じて様々な書類を作る仕事は、ファイナンシャルプランナーで培ったヒアリング能力が役に立つ!

経営コンサルタント

企業を成長させる役割の経営コンサルタントには、お金に関する知識が必須!

収益不動産営業

リアルパートナーズ株式会社 横浜市 馬車道駅

理由は、独自のビジネスモデルがあるから。当社の場合、お金の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)と協力して不動産を提案。実はこのビジネスモデル、日本ではとても珍しく、独自性...

ページの上部へ戻る